メリットが多いメンター制度の導入について

若者の中には入社3年目を迎えるまでに、早々と仕事を辞めて転職してしまう人がいます。自分自身の成長のためと前向きな転職であれば構いませんが、中には仕事面での不満を抱えていたり、職場の人間関係に疲弊して逃げ出して行くというケースもあります。この様な事が起きてしまう背景には、会社側の教育体制や指導体制が整っていないという事が挙げられます。複数の先輩社員が良かれと思って新入社員に教育や指導をしてあげることがかえって、新入社員の混乱を産み、ストレスとなり、疲弊していくようです。

実際、あの先輩社員にはこういう風に教えられたのに、その通りにやったら別の先輩社員には、そのやり方ではダメだと言われたなど、個人が自身の価値観や経験に基づく指導を行うケースは少なくありません。その様なことにならないように、指導者を一本化するための制度として取り入れられるのがメンター制度です。多くの場合、仕事面やプライベート面など、様々なことを相談出来る先輩社員という位置づけで、若手や中堅社員が選ばれているケースが多いのが特徴です。年齢が近いからこそ本音でぶつかることが出来るので、具体的な不満や不安に感じていることをメンターも把握しやすくなります。

また、指導を受ける側だけでなく、メンター側も指導を通して自身の仕事を見つめ直すきっかけになるともいわれています。メンター制度を導入することで、新人と中堅社員の成長が促されると、組織全体の活性化にも繋がるでしょう。このような理由から、各企業では人材の育成に効果的なメンター制度に注目するようになったのです。