メンター探しをする時のコツ

仕事で今よりももっと上の立場にいきたい場合や、独立したい場合などは、現状に甘んじているだけでは何も変わりません。そこで重要になるのが、自分を導いてくれる人を探すことです。古典芸能や芸人などの世界には、弟子と師匠という関係がありますが、サラリーマンであっても、上を目指すためには弟子と師匠の関係を構築することが重要になります。つまり、メンターを見つけることが成長や成功への鍵になるのです。

では、メンターを探す場合は、一体どのような方法が有効なのでしょうか?まず、メンターを探す前に、自分の目標や理想となるものを明確にしましょう。例えば、今の仕事で独立をしたければ、同じように独立をして活躍している人をお手本にすると良いでしょう。もし、今の仕事ではなく不労所得で自由な生活をしたいならば、実際に自由な生活をしている人に学ぶべきです。この時に注意するべきポイントは、自分に合った人を選ぶことです。結果は同じでも、そこに至るまでの道のりは人それぞれ異なります。一気に駆け上がる人もいれば、時間をかけて長期的に結果を出し続けて、望む立場になった人もいます。自分はどちらのタイプかを見極めることで、メンター選びも異なってくるというわけです。

また、師匠が見つかればそれで終わりではありません。まずはその人から学び、超えられるように努力しなければなりません。そして、メンターと同じ域に達したり、超えられたと感じたら、新しい目標を立て、再びメンター選びを行いましょう。そうすることで、徐々にステップアップが叶えられるはずです。